2008年04月17日

ことわざ

近頃めっきりあたたかくなってきました。
春眠暁を覚えず、 いつもアクビが止まりません。
今日はここで、牛にまつわることわざをご紹介

「牛の歩みも千里」
(遅い牛の足どりでもたゆまず行けば千里の遠くまでも行けるの意)
 怠らずに努力をし続ければ成果があがるということ。

「商いは牛のよだれ」 
牛のよだれは細く長く続くもの。商売というものは、
この牛のよだれと同じで、たとえ細くとも長く続けることを
考えた方が成功するものだ、という意。
昔の人は、うまいこと言います。

私も、牛のように、頑張りたいと思います。

午(うま)年ですが。


posted by gens at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

黒毛和牛キーホルダー

__c_w400h300.jpg

先日、イオンショッピングセンターに、妻と買い物に出かけたときに
ガチャポンコーナーで、こんなキーホルダーを見つけました。
黒毛和牛の、肉の部位の説明が載っているキーホルダーです。
お肉の部位がちゃんと載っているため、スタッフの勉強にもなるなと
思い、すぐさま、妻に200円を頂いて、回すことにしました。
最近のガチャポンは100円ではないのですね。

その時、ふと思い出しました。

私は、こういったギャンブルといいますか、一か八かの勝負には、
人一倍弱いことを。
ガチャポンの箱の中には、私が欲する黒毛和牛キーホルダー以外にも
寿司のネタのハマチの内臓マップキーホルダー、

焼鳥屋さん狙いか?名古屋コーチンキーホルダー
挙句の果てには、
誰が欲しいのか、人体模型キーホルダー、
などなど、私の中では、大ハズレが何十個もはいいてます。
2分の1の確率でも、なかなか当たらないのに、簡単に黒毛和牛が出るわけがない。

一回で出なかったら、妻はきっと諦めなさい、と言うでしょう。
セカンドチャンスは、無いな、と悟りました。
そこで、ギャンブルをしない、妻にチャレンジしてもらうことに
しました。

ビギナーズラック&汚れのない子供のパワーに託すことにしました。
ガチャガチャ、、、ポン
やはり、そんな彼女たちの無欲の力はすごいです。
一回で出ました。
ありがとう、さすがファミリー。
そんなストーリーで、貴重な、キーホルダーをゲットしました。
店に持ってスタッフに見せてあげましたが、
どうも、皆あまり興味がないようで、少しショックを受けました。

焼き肉屋で働いてるみんなが、これに興味を持たずにどうする!!
ハマチや人体模型のほうが良かったのか!!
また、何かいい教材を発見してきます。
今は、どこかに行ってしまった黒毛和牛キーホルダー、
無くしたことを、妻にばれないようにしなくてわ。
どなたかお持ちでしたら是非譲ってください。

posted by gens at 16:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。